ワンルームに投資する魅力|共有箇所を快適に|みんなで大家さんを利用することで管理は簡単

共有箇所を快適に|みんなで大家さんを利用することで管理は簡単

集合住宅

ワンルームに投資する魅力

建物

生活にゆとりが生まれます

投資用ワンルームマンションによって確保できる住居の家賃収入につきましては老後の年金の代役になります。一カ月ごとに、住居の家賃収入が振り込まれるので、預貯金の取り崩しとは逆に気持ちの安定性もまるで異なっているといえます。また、銀行に対して金銭そのものを預け入れてもほとんど金利もつきませんが、ワンルームマンションに資金をつぎ込むと新築ワンルーム、或いは中古ワンルームでもそれなりの利回りになります。投資に対する費用対効果から見てもまるで異なっています。投資用ワンルームマンションをローンによって投資した場合、家のローンと同様にいわゆる団体信用生命保険が付きます。団体信用生命保険は、不測の事態が起こった場合、ローンが完全返済されるシステムです。

安定的な資産になります

不動産及び住居の家賃は物価上昇と相関関係を持っているので、インフレーション対策に繋がります。デフレ時は物の価格が下がり、金銭そのものの価値が引き上がるので、預金でも支障ありません。しかしながら、物価が上昇し始めると、貯蓄しているのみならば金銭自体の本質的な価値は目減りしていきます。その結果、インフレーション対策に投資用ワンルームマンションを活用することは効果が期待できます。また、投資用ワンルームマンションには、入居者のクレーム対応であるとか入居募集や、滞納賃料回収などの、家主の形での業務そのものがついてまわります。しかしながら、安定的に家賃収入がある物件に資金を注ぎ込んで、高い評価を得ている管理会社にまかせれば、一ケ月ごとに住居の家賃が口座に振り込まれ、余計な業務は不要です。